弘善会

矢木脳神経外科病院 看護部では、クリニカルラダーを取り入れることで、教育プログラムの向上、完成を目指しています。

それぞれの看護師が目指す看護師像に向け、看護実践能力を育成し看護の質の向上を図ることをねらいとしています。

 

ラダーⅠ研修では受講生の新卒看護師達は、毎月研修で学んだことをプリセプターの指導の下、日々OJTで実践しています。

例えば7月には、リフレッシュ研修を実施しました。

初めて看護師・社会人となり、気持ちが落ち込むことが多い時期なので、研修にはプリセプターや教育指導担当も参加し、業務だけでなくプライベート等日々の悩みや思っていることなど何でも話せるコミュニケーションの場をつくりました。

例年は色々な視点を学ぶ目的として大阪城に登ったり、大阪水上バスに乗ったリということを行っていました。

今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で自粛となり院内でのリフレッシュ研修となったため、研修担当者がいろんな工夫をしてくれました。

観察力を磨くため、院内の風景や置物の写真を見て、その場所を探すオリエンテーリングを行ったり、歓迎会ができない時期であるため、間隔をあけるなどの感染対策を行いながら、少し豪華なお弁当をいただいたり、お互いにとってとても有意義な時間となりました。

 

今後も研修を実践することで、患者様により良い看護を提供できるよう切磋琢磨し励んでまいります。

⇒矢木脳神経外科病院 看護部サイトはこちら

⇒矢木脳神経外科病院についてはこちら

〒537-0011 大阪市東成区東今里2丁目12−13