弘善会

矢木脳神経外科病院における
「患者の権利と義務」

矢木脳神経外科病院の職員は患者さんとの信頼関係のもと、患者さんの自立性を尊重し健康利益を守り、当院で受ける治療や検査治療行為に関して患者さんが自ら判断して決定できるように支援して行きます。その為には患者さんと医療提供者である当院職員が、お互いの信頼の上で協働して医療を進めていくことが必要です。下記のとおり「患者の権利と義務」を制定します。

1. 病気にかかった場合には、だれでも良質で適切な医療を安全かつ公平に受ける権利があります。
病気の種類、年齢、性別、社会的地位、信条、人種などにより差別されることなく、良質で適切な医療を安全かつ公平に受ける権利があります。
2. 医療を受けるにあたっては、一人の人間として、その人格や価値観などを尊重される権利があります。
医療の場において、人格・価値観など人間としての尊厳を最大限に尊重される権利があります。
3. 病気、検査、治療、見通しなどについて、わかりやすい言葉で説明を受ける権利があります。
自分の病気、検査と治療の方法、その利点と危険性、今後の見通しなどについて、わかりやすい言葉で、説明と情報を受ける権利があります。
4. 充分な説明と情報を受け、かつ納得したうえで、検査や治療方法などを自分の意志で選ぶ権利があります。
検査や治療法などについて、十分に説明を受け納得したうえで、それを自分の意志で選ぶ権利があります。
5. 診断や治療について、他の医師の意見を求める権利があります。
診断や治療法について自己決定するために、他の医療機関の医師の意見(セカンドオピニオン)を求める権利があります。
6. 自分が受けている医療を知るために、診療記録の開示を求める権利があります。
自分の受けている医療についてくわしく知るため、カルテなどの診療記録の開示を求める権利があります。
7. 診療中に得られた個人の情報が厳密に保護され、自分のプライバシーが他人にさらされず、乱されない権利があります。
病名、検査所見、治療法、今後の見通しなどの患者さんの診療情報は、厳密に保護される必要があります。また、プライバシーが不用意に他人にさらされたり乱されない権利があります。
8. 臨床研究に参加する権利と臨床研究の被験者になることを拒否する権利があります。
病気の治療が進歩するためには、新しい薬や治療法の開発が大切であり、患者さんに参加・協力をお願いすることがあります。その際には、患者さんのインフォームドコンセントが大前提であり、参加するかどうかは患者さんの自由です。参加しなくても、あるいは途中で参加を中止しても、医師はそのことで患者さんを不当に扱いません。

私たちは、上に掲げた患者さんの権利を充分に尊重した医療に取り組みます。しかし、一方で権利には義務が伴います。患者さん及び家族の皆様には次のような配慮をお願いします。

  1. あなた自身の健康に関する情報をできるだけ正確に医療提供者に伝える責務があります。
  2. 病気の診断、治療、予防などに関して、十分に理解できるまで質問する責務があります。
  3. 全ての患者さんが良質で安全な医療を適切に受けることが出来るように、他の患者さんの診療や病院の治療者に支障をきたさないように配慮する責務があります。

(平成30年8月1日制定)