弘善会

整形外科のご案内

整形外科では、骨折はもとより整形外科疾患全般を取り扱っていますが、特に脊椎外科・関節外科・関節リウマチに力を入れて、リハビリテーション科と協力し、早期に運動能力が獲得できるよう合理的な低侵襲治療を目指しています。 また、最近増加傾向にある高齢者の手術や人口関節置換術などに対しても、総合診療科と協力して術後合併症を最小限とする体制を整えています。

脊椎外科

脊椎外科では全脊椎を対象に保存的治療から手術治療まで行っていますが、手術は脊椎の安定性が長期にわたり失われないことを重要な課題にしています。
  • 頚椎間板ヘルニア・・・・顕微鏡使用前方除圧固定術
  • 頚椎症性神経根症・・・・顕微鏡使用後方除圧術/ペディクルスクリュー使用後方除圧固定
  • 頚椎症脊髄症・・・・・・椎弓形成術又はペディクルスクリュー使用後方除圧固定術
  • 腰椎間板ヘルニア・・・・顕微鏡下又は内視鏡下ヘルニア摘出術
  • 腰部脊柱管狭窄症・・・・開窓除圧術又は縦割式椎弓切除術
  • 腰椎変形性すべり症・・・後方除圧術又は不安定症例にすべり矯正椎体間固定術

間接外科

股関節や膝関節、肩関節などの変性疾患に対しても積極的に取り組んでいます。この領域でもより早期の社会復帰を目標に合理的な低侵襲手術を目指しており、活動性と年齢を考慮して人工関節に頼らない関節を温存する骨切り術も行っています。
  • 変形性股関節症・・・人工股関節置換術
  • 変形性膝関節症・・・高位脛骨骨切り術/人工膝関節片側置換術/人工膝関節置換術
  • 変形性肩関節症・・・人工骨頭置換術
関節リウマチに対しては、リウマトレックスを第1選択とし必要に応じて生物学的製剤による治療にも対応しています。外反母趾変形矯正術、 鏡視下滑膜切除術、 人工関節置換術や脊推手術などの手術療法を行っています。 骨粗鬆症が原因となる骨折や認知症にかかわる高齢者の治療は非常に大きな社会問題になってきていますが、 当院は脳神経外科や総合診療科やリハビリテーンョン科と協力し積極的に対応しています。高齡者の大腿骨骨折に対しては、入院後1週間以内での手術で早期離床をはかっています。 胸腰推部の圧追骨折による下肢の遅発性不全麻痺や後湾変形に対しても脊椎手術で対応しています。 ますます増加するこれらの高齢者に対しては、 近隣の回復期リハビリテーション病院やさまざまな施設と地域連携し共生しています。
  • 受付時間
  • 医師の紹介
  • 実績

受付時間

2018年10月1日更新

午前 担当医
【整形外科】
石井 冨田 小林
※診察時間
9:30~11:30
石井 古泉 浜野
(第1・3・
5週)

石井
(第2・4週)
午後 担当医
【整形外科】 【特診】
谷口 充 (肩・膝
スポーツ)

※一般
冨田 石井
(脊椎・人工関節 特診)
※完全予約制
 古泉 谷口
(身障診断 ・随時)
【受付時間】8:00~11:30 14:00~16:00
※緊急手術等で担当医師が変更、又は休診になる場合があります。ご了承ください。

担当医師のご紹介

  • 石井 眞介
    整形外科統括部長(整形外科 科長兼務) 石井 眞介
    • 日本整形外科学会専門医
    • 身体障害者認定医
    • 日本整形外科学会認定リウマチ医
    • 日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
    • 日本リウマチ学会専門医
    • 日本リウマチ財団登録医
    • 中部日本整形外科災害外科学会評議員
  • 谷口 充(非常勤)
    • 日本整形外科学会専門医
    • 日本整形外科学会スポーツ医
    • 日本体育協会スポーツドクター
    • 日本肩関節学会所属

実績

整形外科 手術件数 合計 241
骨折観血的手術 131
関節内骨折観血的手術 3
人工骨頭挿入術(股) 39
人工関節置換術(膝) 3
人工関節置換術(股) 1
内視鏡下椎間板摘出術 1
脊椎固定術 2
椎弓切除術 8
その他 53

平成29年度

お問い合わせはこちら